更年期の髪の悩みと育毛剤について

更年期の髪の悩みと育毛剤について

更年期の髪の悩み

 

髪の悩みは、更年期にさしかかると、急に気になるようになります。女性は、40代になると女性ホルモンの分泌量が変わって、髪の休止期が長くなります。頭髪の数が少なくなるために、髪のボリュームが減って見えます。それだけでなく、毛穴から出る髪の数も、少なくなってしまいます。

 

一気に髪が少なくなったように感じるため、髪の悩みを感じる女性がふえます。女性の薄毛の場合、まずは頭のてっぺんから髪が薄くなりす。

 

気づくのが遅れがちな場所ですが、鏡を使うことで自分の目で確かめられます。髪の悩みを持つ人は多いですが、実際薄さが際立ってきたなら、すべきことは対応策です。髪が減っていくことに対して、コンプレックスを感じたり、落ち込むという人もいます。

 

とはいえ、すべきことは落ち込むことではなく、髪にいいことをコツコツとやっていくことでしょう。頭のマッサージ、健康にいい食事、紫外線予防などが大事になります。40歳をオーバーすると、地肌から分泌される油脂の量も減りますので、若い頃のままのシャンプーでなくてもよくなります。髪の悩みを軽減するためには、今の自分の髪質に見合ったシャンプーを選択しなおして、適切に髪の手入れをしていくことが大事になります。

 

 

髪の悩みと育毛剤について

 

頭皮に塗布する育毛剤だけでなく、この頃は飲む育毛剤も人気があります。髪の育毛に効果がある成分を体内に取り入れることで、髪をふやすというものが、飲むタイプの育毛剤となります。飲む育毛剤を使う時には、頭皮に塗りつける育毛剤より、副作用が起きやすいことを知っておきましょう。現在、市場に流通している飲む育毛剤は、サプリメント型、ミノキシジル型、フィナステリド型の三パターンです。

 

いずれの場合も、さほど重篤な副作用が起きる心配はないといいますが、それでも、扱いは気をつけるべきでしょう。頭や胃に痛みか出たり、性欲がわかなくなったりという副作用が、フィナステリドを摂取することが起きるといいます。ミノキシジルは、めまいがひどくなったり、全身がほてったり、体毛が増加するなどの副作用が、発生することがあるといいます。頭皮にかゆみが生じるという人もいます。

 

ミノキシジルの育毛剤を摂取することで、アレルギーの症状が出て、皮膚の湿疹や、かぶれがひどくなったりもします。ミノキシジル系の育毛剤で低血圧になる方もいますが、これは、元来、高血圧の薬として使われていたためです。副作用が比較的少ないものは、サプリメント系の飲む育毛剤だといいます。もしも、飲む育毛剤とは別に何らかの薬を飲んでいる人は、飲み合わせに問題がないか確認する必要があります。

 

 

髪質の悩み

思いがけない方向に癖がついたり、天気が悪いと縮れたり、髪の悩みは千差万別ですが、たくさんあります。空気に湿り気を多く含んでいる日は、髪にくせがつきやすく、悩みが深まります。髪に含まれるたんぱく質は一律ではありませんので、湿度の高い日にたんぱく質が水分を含むと、髪のふくらみ具合が偏って、髪が縮れやすくなるといいます。髪が思い思いの角度に曲がっていると、光の反射が一様にはなりません。

 

これが、髪の艶が減ったように見えてしまう原因だといいます。髪のツヤやなめらかさを取り戻すには、普段のお手入れが大事です。日常のヘアケアの内容を一度確認しなおすことで、髪をきれいによみがえらせることができるかもしれません。

 

自分自身の髪について、知識を深めることが大事です。髪質によっては、縮毛矯正や、ストレートパーマで、なめらかな髪に戻すことが可能です。洗髪や、ヘアケアで、髪に負担をかけないようにするには、どうすべきかも知りましょう。髪を洗った後、ブラッシングをしてキューティクルの方向を揃えたり、ドライヤーは使いすぎず適度に乾燥させることも重要です。髪の悩みを抱える人は、健康な髪を維持するために必要なことは何かをまず知りましょう。

ホーム RSS購読