ろうきん(労働金庫)のカードローンはブラックでも借りれる?在籍確認がきになる。電話なしキャッシングできるかどうか

ろうきん(労働金庫)のカードローンはブラックでも借りれる?在籍確認がきになる。電話なしキャッシングできるかどうか

ろうきん(労働金庫)のカードローンはブラックでも借りれる?在籍確認がきになる。電話なしキャッシングできる?

ろうきん(労働金庫)のカードローンはブラックでも借りれる?在籍確認がきになる。電話なしキャッシングできるかどうか

ろうきんとは労働金庫の略で、労働組合や生協の構成員によって運営されている金融機関です。

 

業務内容は一般の銀行とほとんど同じで、

 

全国で12のろうきんが存在します。

 

労働組合や生協の組合員でなくても

 

その地域に住んでいる人または勤務している人ならばろうきんを使うことができます。

 

債務整理中や自己破産あとでもキャッシングやカードローン借りれるか?

 

という問い合わせが当サイトにもあとをたちませんが、

 

ろうきんは比較的審査に柔軟に対応してくれますので、

 

債務整理や自己破産、ブラックリストの方もキャッシングを諦めず、

 

お金を借りる審査に申し込んでみてください。

 

中央労金のカードローン契約手続きは非常にシンプルなので初心者でも初めてでも簡単です。

 

中央労金のカードローン契約手続き

 

1.仮審査申し込みフォームから申し込み

 

2.仮審査受付

 

3.ろうきんの営業店から連絡

 

4.本申し込み手続き

 

5.審査、融資の承認

 

6.契約完了、利用開始

 

 

 

 

また、各地域のろうきんではカードローンも行っています。

 

カードローンとは、申込みをして審査を通過した人にカードが送付され、

 

そのカードを使ってATMから限度額内のキャッシング(借り入れ)を受けることができるものです。

 

消費者金融だけでなく一般の銀行でも多く実施されているものです。

 

ろうきんカードローンは急な出費の時にも安心で、

 

ATM引き出し手数料がキャッシュバックされるのでお得です。

 

 

 

審査の過程や厳しさは金融機関により異なるのですが、ろうきんの場合はどのようになっているのでしょうか。

 

地域によりカードローンの呼び名が変わりますが、中央労働金庫の「マイプラン」を例に見ていきたいと思います。

 

まず、申し込み資格は18歳〜65歳、勤め先または住所が中央労金の管轄内にある、

 

同一勤務先に1年以上在籍している(自営業は3年以上)、

 

収入が安定・継続している、年収150万円以上、と決まっています。

 

多くの金融機関は申し込み資格は20歳以上というところが多いのですが、

 

中央労金の場合は働いていて、親権者の同意があれば18歳から申し込みができます。

 

ただし、年収を指定している金融機関は少なく、

 

消費者金融だけではなく銀行と比べても決して審査が甘いということは言えません。

 

また、申込みからカード送付までの流れとしては、

 

申し込みは店舗またはインターネット、ファックスで行えますが、

 

労金のキャッシング審査は通過までに最大2週間を要します。

 

(仮審査1週間、本審査1週間)

 

消費者金融や都市銀行の中には審査は最短30分、

 

即日融資を売りにしている金融機関が多い中、審査に2週間は長い方と言えます。

 

また、申し込みの意志の確認のため、職場へ電話がかかってくることがあります。

 

ただし、その際は個人名としてかかって来るので会社に融資のことを知られることはありません。

 

このように審査は慎重に行われる労金のカードローンですが、

 

その反面、他の金融機関に比べてろうきんの金利が低めというメリットがあります。

 

団体会員の構成員や生協の組合員ならば最大でも7%台、

 

一般の利用者でも最大8%台です。

 

都市銀行や信用金庫だと最大15%近く、消費者金融では最大18%というところが多いため、

 

ろうきんの金利はとても安いといえます。

 

低金利は非常に大きなメリットですよね。

 

審査に時間がかかる、慎重に行われるという面はありますが、

 

低金利というとても大きなメリットがあることが特徴です。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ